支援活動

アドベンチャーが取り組む国内外の支援活動

アドベンチャーが取り組む支援活動は多岐にわたり、医療、教育、職業、給食支援を推進しています。

スカイチケット無償広告支援団体

スカイチケット無償広告支援団体
・ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)

スーチー氏の御母上の生誕地、ミャウンミャウという人口29万のデルタ地域で、「ミャンマーの無医村に、医療・菜園を通じ保健衛生・栄養などを学ぶ機会を提供し、彼ら自身が生活環境の課題を解決し、命を育む未来を描ける社会の実現をサポートする」ことを目標に活動。 活動内容:「巡回診療(移動クリニック)」「保健衛生指導」「家庭菜園支援」

  • 1.貧困をなくそう
  • 2.飢餓をゼロに
・認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)」

国際協力NGOとして、ストリートチルドレン、人身売買の被害に遭った子ども、大規模自然災害や紛争の影響を受けた青少年など、特に他の援助機関による支援の枠から外れがちな子どもたちを重点的にサポート。「共に成長するために」という理念を継承しつつ、世界の子どもたちに教育と友情を届けられるよう活動。 理念:日本と世界の子どもたちが「共に成長する」

スカイチケット無償広告支援団体

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 6.安全な水とトイレを世界中に

スカイチケット グルメ 給食支援

スカイチケット グルメ 給食支援

「テーブルクロス」というアプリと販売連携を開始。「社会貢献ができるグルメアプリ」として予約人数に応じた数の子供たちへの給食を支援。このシステムを「スカイチケット グルメ」でも利用可能。加えてコロナ禍で大きな影響を受けている飲食店様へ業界最安値で送客支援を行う。

テーブルクロスと販売連携を開始

  • 2.飢餓をゼロに

リサイクル促進、Co2削減

リサイクル促進、Co2削減

社内では1日2本までのフリードリンク制という福利厚生のもと、ペットボトルのキャップを集め、ラベルを外すことにより、リサイクルの促進、Co2の削減に役立つことを目指す。

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 12.つくる責任、つかう責任
  • 14.海の豊かさを守ろう

現在の取り組み

SDGsの取り組みや観光産業を活性化する現在の取り組み

SDGsに対して現在行っている取り組み。スポーツ振興や観光産業活性化を推進し、できることから世界へ貢献。

スカイチケット アスリート支援

スカイチケット アスリート支援

スポーツ振興と日本のスポーツ文化をさらに活性化させるという観点から、世界に挑戦し、協議の頂点を目指して取り組むアスリートの支援を行う。 例:クロスカントリー宮崎日香里さん、RIZINスポンサー

社員アスリートのご紹介

  • 3.すべての人に健康と福祉を

働きがいのある職場に

働きがいのある職場に

・中途採用の比率が高いため、それぞれが様々な経験を積んで得た知識を出し合ってより良い事業展開をしていくことを目指す。インターネット企業で働く中で、今後のキャリアに役立つGoogleAnalyticsのオンラインセミナーを実施。

・技術的・職業的スキルを身に着けることにより、起業を目指す人材または様々な分野で活躍できる人材を育成していく。

・社内でリーダー職をしている女性社員の割合は40%。この割合はマネージャー職を新設した時から変わらない比率である。

・年齢、性別、国籍、関係なく、様々な人が働ける環境。職場ではバリアフリーに対応しているため、障害の有無にも対応可能。

数字で見るAdventure

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 10.人や国の不平等をなくそう

ワークライフバランスの実現

ワークライフバランスの実現

・それぞれの事情に合わせ個別対応が可能な働き方。一例:小さいお子さんを養育している社員で申請した方は時差出勤可能

・従業員各自のワークライフバランスを実現することにより、従業員満足度やモチベーションアップに繋がり、優秀な人材の確保や、生産性の向上、そして企業価値の向上を目指す。

  • 8.働きがいも、経済成長も

ペーパーレスを推進

ペーパーレスを推進

全サービスがオンライン完結のためペーパーレス。会議や打ち合わせはパソコンを持参し、社内で紙の消費を低減。オンライン化することで情報集約を図る。

  • 12.つくる責任、つかう責任

地域・国際交流の促進

地域・国際交流の促進

国内・インバウンドの旅行事業を推進し、地域復興・国際交流を促進。お客様と関係施設、交通機関を結びつけることで観光産業の活性化へつながる。

  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

今後の取り組み

SDGsを推進していく中で今後の取り組み

今後世界に対して行動し、貢献できること。ユーザーにとって利便性が高いサイトを構築していく。

オプショナルツアーメニューの追加

オプショナルツアーメニューの追加

旅をするためには健康である必要があり、健康維持のために旅をする。今後、旅と健康をつなぎ合わせるオプショナルツアーを展開。

  • 3.すべての人に健康と福祉を

環境問題に向き合う体制づくり

環境問題に向き合う体制づくり

SDGsに関するワークショップや勉強会を実施することにより、全社員が環境問題にしっかりと向き合う体制を作る。

  • 8.働きがいも、経済成長も

旅行サービスのDX化

旅行サービスのDX化

旅行サービスのDX化を推進し、既存システムを再構築しながらビジネスもアップデート。スカイチケット内で旅行計画から旅行終了までを完結させ、一人でも多くのユーザーとって利便性が高く、もっと身近に旅をしてもらえるサービスを提供。

  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

クロスセルで利便化と地域活性化を

クロスセルで利便化と地域活性化を

様々な人が利用できるように公共交通手段を幅広くに提供。将来的にはMaaS普及に貢献ができるよう、交通手段の検索、予約、決済を一括でできるよう目指す。 今後アクティビティや観光施設、レストランの取り扱いを始めることにより交通手段とのクロスセルが可能。ユーザーにとっても利便性が高く、地域活性化にも貢献。

  • 11.住み続けられるまちづくりを

グローバルな展開を目指す

グローバルな展開を目指す

多言語対応のため海外の方にもご購入いただけるサイトを運用。現在は国内での事業展開だが、将来的には海外への進出を目指し、グローバルな展開を目指す。

  • 16.平和と公正をすべての人に
TOP
TOP