プレスリリース

旅行アプリを展開する「skyticket」が、約90日で100万ダウンロードを伸ばし、 iOS・Androidで累計1,500万ダウンロードを達成

 株式会社アドベンチャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村俊一、以下 当社)は、航空券予約販売サイト「skyticket」、レンタカー予約「skyticket レンタカー」、ホテル予約「skyticket ホテル」、観光ガイド「skyticket 観光ガイド」の計4つのスマートフォンアプリ(iOS/Android)が、2020年9月7日集計時点で合計通算1,500万ダウンロードを突破したことをお知らせします。

 

 

 skyticketは航空券予約販売サイトとして2006年よりWebとフィーチャーフォンからサービスを開始し2015年の5月よりiOS及びAndroidアプリ版をリリースいたしました。また、航空券に次いで2016年8月には「skyticket レンタカー」、2017年1月には「skyticket 観光ガイド」、2019年1月8日には「skyticket ホテル」をリリース。
 航空券販売のアプリをはじめとした「skyticket」の4アプリが、2020年6月末時点で、1,400万ダウンロードだった数が、2020年9月7日の集計時点で、この度、累計1,500万ダウンロードを突破しており、6月を含めても約3ヶ月の間で100万ダウンロードを伸ばし、現在もその数を伸ばしております。

 

■skyticketアプリの特徴
 使い方はシンプル、「搭乗日」と「出発地」「目的地」を選択して検索するだけ。skyticketでは国内航空券の航空会社17社、海外航空券の航空会社700社以上の航空券を一括で最安値検索が可能で、お客様の最適でお得な旅のサポートができます。
 さらに、国内の「出発地」「到着地」と「日付」を選択することで、お客様の出発・到着したい時間から最適な航空券の時刻表検索も行うことができます。
現在では各アプリストアにて、計32言語 全155ヵ国のすべての国でダウンロードが可能となっております。

 

■アプリダウンロード方法
– iOSアプリの場合
 App Storeアプリを起動し、検索ページから「skyticket」と検索ください
– Androidアプリの場合
 Playストアアプリを起動したら上部に表示している検索フォームに「skyticket」と検索ください

 当社では、今後も国内外のより多くのお客様にご利用いただけるよう、使いやすいサービスを目指し邁進いたします。